FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
いやぁ~お久しぶりでございます。

前回の日記を書いたのが7月14日ですから、今日明日でもう10日も経ってるんですね。
いやはや時が流れるというのは早いものです。
わたしは遅筆な方でございまして、ブログ1つ書くのにも気分が乗らないと何日も書けない
かと思えば、勢いでバンバン書けたりするという、まぁ何とも気分屋です。

ちょくちょく覗いて下さっている訪問者さんには、申し訳ないなぁ~とは思いつつも
あぁまた書いてないのかと思ってもらえればしめた物で、
いつ書くかわからないドキドキ感で、珍しいものを見た!と思ってもらえれば
面白さも倍増するんじゃないか?!と黒いことを考えてたりしますw
実際日にち開いてるほうが拍手が多かったりもするんですよね。


拍手といえば、よくわたしのブログに拍手をしてくれる人が居まして、
その人は某ダイモンって方なんですが、この人がまた褒めるのがうまい!
いつも『いやぁ~面白い』やら、『文章がしっかりしてる!』やら言われておりまして
初めはお世辞だろなぁっと思ったり、いやいや~ヾ(*´∀`*)とか謙遜したりするのですが
人間ですので褒められると悪い気はしません。ドンドンその気になっちゃって今では
そのまま『じゃぁ次はちょっと脱いでみようか?』とか言われれば脱いじゃいそうな
『今晩どうするの?』とか言われた日には、『もうあんさんの好きにしとくれやすぅ☆』
とか言い出しちゃいそうです。

さすが会社経営者。営業力がハンパじゃないですね。
もう褒められる為なら、実家のお金を使って反物全部買っちゃいそうな勢いです。


そんなミーハーなしゃちっこなんですが、最近箱の方ではマイナーなゲームをしてて
マイナーといっても売れてないとかじゃなくてね、もう続編が出たものだったり
2006年とかに発売された、いわゆる旬が過ぎたものです。

何で今更?ってお思いかもしれませんが、実は少々事情がありまして…

先日、他方からバトルフィールドいつ買うの?というツッコミを受けまくっていた最中
みんなから恐れられているけど実は一人でご飯食べに店に入れないラブリー某お嬢から、
バトルフィールドを持っていないのにゲームの招待が来る。という最後通牒が届きまして、
これはもう致し方ない、お金が3000円しかないけど、身の安全とは引き換えには出来ないと
覚悟を決めまして、中古ゲーム屋さんにテクテク行ったんです。

大阪日本橋にあるゲーム屋さんに入り、エスカレーターでトントンあがり
何故か途中にあるPCでするエロイゲーム売り場をジロジロ見られながら通り抜け
心の中で『お、大人なんだからそのゲームも買えるんだからねっ><』とわけのわからない
負け惜しみを放ちつつ、xbox360の売り場に到着。

FPS・・FPSっと・・・棚を物色し、人生長生きキップのバトルフィールドを発見ヾ(*´∀`*)ヤター
し、しかしお値段は中古で4680円。 た、たけぇ><
いや、ぶっちゃけ安い方だと思うけれども、お小遣いはあと3000円ちょっとしかありません。

うーむ、困った。今月はイロイロと夏需要で日焼け止めやらスキンクリームなんかで
樋口一葉を葬り去ってるしなぁ・・・これ以上の出費は避けたいところ・・・
と、10分ばかしBF:MCを抱きかかえながら本気で思案してると、ふと隣のワゴンを見たら
バーゲンセールの文字が目に入ります。そういわゆる投売りです。

ワゴンの中には過去の遺作たちがゴロゴロと転がっておりまして、
1本500円、3本で1000円!というなんという靴下商法?って思いつつ
コレならサナにも買えるかも・・・(*‘ω‘* )っと今度はワゴンを物色。

おぉっ、コレは実績解除のしやすさでは定評のあるゲームじゃないかっ(´∇`* )
これも…これも… あ、ちょうど3本だヾ(*´∀`*)ノラッキー
3本で1000円って安いなぁ~っとルンルンっとレジで1000円を払い
またエロイPCゲーム売り場にあっかんベーσ(≧┰≦ )ベー しつつ店を出て
あぁ~3本もゲームがあればしばらくゲームに困らないなぁ~(σ>ω<)σイエイ♪なんて
考えつつ、帰ってどれからやろうかな~っとわくわくしながらいると・・・

(  ゜  ▽  ゜  ;)アッ!

バトルフィールド買いに来たんだった・・・┌|◎o◎;|┘


3本1000円でゲームが買えるてことにテンション上がりまくりで
すっかり最後通牒を忘れ新作を買わず、旧作買ってもやることはオフと実績解除くらいで
全然いいとこなしなんじゃねぇ??とさっきまでのルンルン気分は消し飛び
これからどうなるのか・・・いっそのこと高飛びでもしようかしら??っと
絶望的な状況に『まだ?』っていうツッコミメールが送られてくるのを
毎晩ガクガク((((((◎∇◎;)))))ブルブルしつつ逃げながら
もうちょっと計画を立てて、気分屋を脱しようっと心に誓うしゃちっこでした。

                              ちゃんちゃん♪
スポンサーサイト
拍手する
2008.07.14  祗園祭っこ♪
祗園祭。


皆様も一度は聞いたことある言葉だと思います。
今月の初めから1ヶ月間京都の町でお祭をしておるんです。
なにやら巷では日本3大祭、京都では葵祭と時代祭と合わせて京都三大祭
なんて言われてまして、祗園祭は鉾や山なんかを見る風情あるお祭です。

あまり知られてないかも?ですが、鉾や山が巡行する行事のことを前祭なんて言いまして
まさに今日から行われているんです。ちなみに祗園祭には後祭ってのがありまして、
こちらは前祭と違って少々控えめな祭事でして、笠に花を彩った着物姿の女性が列を成して
通りを練り歩く花傘巡行といったものです。中々キレイなものなんですが、前祭と比べると
やはりちょっと豪華絢爛さや、雅に欠けるのは否めませんね。
その事から、物事が過ぎ去ってしまい意味を成さない、と言う意味の
『後の祭り』という諺の語源になったとか言われてます。

今年も前祭の山鉾巡行には観光客の人々が沢山観覧に来るそうで
せっかくだからゆっくり見たいわぁ~やら、ちょっと奮発して… っといった皆様には
有料観覧席なるものが販売されていまして、その観覧席でお弁当なんか食べながら、
目の前をコンチキチンと山鉾が囃しを立てて通り過ぎて行くのを見る。
ってのが人気みたいですね。今年の分は早々と売り切れたみたいです。

まぁ人混みの中で見るより、いい席でお弁当を食べながら…ってのも
それはそれで風情があるのかもしれませんが、わたしはどっちかって言うと
巡行はそこそこにで、祗園の料亭で鱧を食し冷酒をキュッです。だってスゲー暑いもん。

前にもバッタモんっこ♪でチラッと書きましたが、京都では祗園祭のときに鱧をよく食べるんですよ。お造りから始まって小鉢やお吸い物に至るまで総て鱧。
焼き物も捨てがたいですが、やはりメインは鱧の握り。コレがまたおいしいんです(*‘ω‘* )
祭りもいいですが、せっかくなんで観覧の際には、鯖寿司ではなく鱧をお食べやす♪

そんな鱧が美味しい鱧祭こと、祗園祭ですが『宵山』というのがまた風情があって
夜になると鉾や山が提灯で照らし出され、囃子方達が祗園囃子を奏でてるんです。
それぞれの山鉾によって囃子も独自のものがあり、浴衣で練り歩くだけで
あぁ京都って、日本ってイイなぁっと思ってもらえることと思います。


そんな日本人の心といいますか、風情を楽しまない方と言うのも中にはおりまして
昨日は日曜日でわたしは公休だったんで、家でゲーム三昧か…はたまたお買い物か
あ、そういえば今度の結婚式のピアノの練習をしに、実家に帰ってみようか…などと
年頃の女の子に有るまじき男っ気のない予定を考えてたら、電話が鳴りまして
お、コレはデートのお誘いか?!とウキウキして名前を見たところ『お局様』

今日お局様は仕事のはず… 職場で何かあったのかなぁ??とは思いつつも
休日に職場の人から、ましてや今働いている人からの電話は気持ちが滅入るものです。
仕事の話とかなら嫌だなぁとは思いつつも、出ないわけにはいきませんから
渋々ながら電話に出ました。

サナ 『…ふぁ~い』

お局様 『ぶっw 何その気のない電話の出かたはw』

サナ 『なんでもないですよぉ~ 今テンションがガチでブルーでパネェだけッスよぉ~』

お局様 『何でDAIGO口調やねんw まぁいいやちょっと聞きたい事があってさ』

サナ 『なんですか??仕事ですか??』

お局様 『いや、聞きたいのは祗園祭のことなんだけど…』

サナ 『あぁ~明日から宵山ですねぇ~』

お局様 『それそれ。今度わたし16、17って連休だから行こうと思ってるのよ』

サナ 『ヘェ~いーですねぇ。で、聞きたいのは見所ですか??』←もうやる気なし

お局様 『それもあるんだけど、今度の休みってサナ何か予定あった??』

サナ 『じぇーんじぇん何もないですよ~』

お局様 『よかったぁ~w サナの休み山本に16、17日に変わってもらったから』

サナ 『(  ゜  ▽  ゜  ;)エッ?!』

お局様 『二人で仲良く祗園祭行こうね~っ(ハート♪)』

サナ 『ちょ、ちょっと何言ってるのかわかんないです(゜ロ゜;)』

お局様 『だーかーらー 16、17日はサナはわたしのガイドなのよ☆祗園を案内☆』

サナ 『そんなん四条か川原町に突っ立てたら見えますよ><』

お局様 『何いってんの?山鉾とかどーでもいいのよ、わたしの目当てはHA☆MO』

サナ 『あqwせdrf━━Σ(@`Д´@)━━tgyふじこlp;@』

お局様 『ってことで、食べれるとこ押さえてねっ☆』

サナ 『い、今からとか無茶ですよ?!ムリムリムリ』

お局様 『そこはコネとか女の武器とか使って何とかして取るんだよ。
      じゃ、わたしまだ仕事あるから。よろしくね~っ(ハート♪)』


ブチッ、ツーツーツー。




工エエェ工エエェ(*゚Д゚*)ェエエ工ェエエ工




また鱧食うつもりかよ… どんだけ鱧好きやねん(´・ω・` )
一人で行くのが嫌と言うよりも、絶対鱧を確実に食うために休みずらしやがった><

お局様に祗園祭には鱧を食べるんですよとか言わなきゃよかった、やら
わたしに少しでも男っ気があったなら…予定があるんですよ~とかが
頭をぐるぐる回り、花傘巡行の時期も祗園祭ですよ??とか今更言ったところでなぁっと、
言い訳しても後の祭りだということに凹むしゃちっこでした。

                                 ちゃんちゃん♪
拍手する
事の始まりは、1本の電話からでした。


7月某日。
いつものように箱でFPSでキャッキャ遊んでると、友達から電話がありました。

サナ 『もしもーし(*‘ω‘* )』←調子がよくご機嫌さん

友達 『久しぶりーっ、ゲンキしてた??』

サナ 『今日もゲンキに人殺しちゅーです(*´∀`*)』

友達 『またかよw 今だいじょーぶ??』

サナ 『だいじょーぶよー』

友達 『あのさ…実は来月結婚式を挙げることになりまして…』

サナ 『えっ?!マジ!!おめでとーっ♪』

友達とその彼氏さんとは、わたしも何度も一緒に呑みに行ったりしてる仲で
もう4年ほどお付き合いをしていまして、中々のお似合い&ラブリーぶり。
そんな2人が結婚するというのは、心から嬉しいものです。

わたしもゲームをほっぽり出して、きゃっきゃと女二人で盛り上がってたんですが
なにやら友達の様子がちょっとヘンなんですよ。
どうしたんだろ??御目出度い事なのに…と思っていると、ようやく友達が話し始めました。

友達 『…んでさ、今日はちょっとお願いがあって電話したんだけど…』

サナ 『何々??仲人??w 受付嬢??wなんでもやるよっ♪
    遠慮しないで、ドンドン言ってよヾ(*´∀`*)』

友達 『マジで?w あのさ…言い辛いんだけど、ピアノ弾いてほしいの』

サナ 『なーんだそんなことかw 全然いいよ~弾いてほしい曲弾いちゃう(*‘ω‘* )』

友達 『えっと曲はお任せするから、式の間のBGMとかをお願いしたいなぁって…』

サナ 『(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!! どーゆうこと??』

友達が『実は…』と語り始めた話を聞いてみると、友達の結婚式会場というのが
関西某所にある古い洋館でして、もちろん元々結婚式なんかするようなところではないので
音響設備なんかもなく、30人くらいが入れるホールと他数部屋あるだけなんだそうです。

当日ケータリングで料理と司会用のマイクなどは届くものの
式の雰囲気を盛り上げるBGMが皆無だということになったようで
二人でどうしよう…と頭を悩ませた結果、何故か洋館に置いてあるグランドピアノを
サナに弾いてもらえばいーじゃないか!!という結論になったようです。

なんでそんな不便なところで…( ´・ω・`)とは思いつつも
やはり目出度い二人の門出を祝えるならば…と思い快諾したんです。

で、当日の進行表なるものを司会の方から頂いたんですが、
な、なんとお客様ご来場から退場までが4時間…

まぁ当たり前だろ、と言われればそうなんですが、よく考えてください。
4時間もの間ほぼ弾きっ放しとか、何の単独ソロコンサートだよって話ですよ。
適当な曲でいいのなら簡単だけど、結婚式なわけですよ。

壊れかけのレディオみたいに、ずっと結婚行進曲弾くわけにもいかないし
失恋の唄とか、別れと出会いを的な唄もOUTです。
ましてや題名だけでシュガーのウェディングベルみたいな曲を弾いた日には
ご来場の40代の人に、お前がくたばっちまえアーメン!とかにされかねないので、
慎重な曲選びをしなければなりません。

しかも4時間という長丁場ですから、曲数も自然と多くなるもの。
1曲5分として、1時間で12曲… 間をとって3時間半としても40曲以上…

いやいやいや、コレはたまらねぇ、ちょっとしたバツゲームじゃねぇ?
カラオケでもきついよ… しかも来月末とか厳しいよ…><


状況が判って来て泣きが入り始めたのですが、一度受けてしまったものだし
何よりわたしが断ってしまえば、きっと二人は困ってしまうんだろーなぁと考えると
今更勘弁してくださいとは言えず… ホントに泣くぞ!と思っていると
その念じた気持ちが通じたのか、友達からメールの着信が!

も、もしや…『やっぱり大変だろーからいいよ』とか言ってくれるのか!と期待をし
勢いよくケータイを開きメールを見てみると、


     『結婚式での“弾き語り”楽しみにしているからねーっ☆』


     あqwせdrf━━Σ(@`Д´@)━━tgyふじこlp;@


な、なんだ!?弾き語り?!と思い、進行表を確認してみると
あるよあるよ…、14:15~友人代表○○サナ様の唄のプレゼントの文字が…


そうだ…これは夢なんだ… それか絶対ドッキリだよ… 
あまりにもの現実に放心状態なわたしにツインズが一言。

トモ 『サナの分の料理はわたしが食べてあげるからね☆』

サナ 『なんでよ!せ、せめてご飯くらい…』

トモ 『おバカw どーやってピアノ弾きながらご飯食べるのよw』

サナ 『あ…ウ・・・━━(。-ω-)ウワ━(。・ω・)ァァ━・゚・(。>ω<)・゚・━━ン!!!』



4時間もピアノ弾いて、ご飯も食べられないとか…
これで料理のお土産もなさそうなら、マジでくたばっちまえアーメン唄ってやろうかと
お目出度い席なのに、お目出度い気分になりきれないしゃちっこでした。
                      
                                  ちゃんちゃん♪
拍手する
何時もこの様な日記を見て頂き、有難う御座います(*‘ω‘* )


先日の日記で拍手が20になっていて、チョット嬉しかったんですよ。

元々コメ欄を消して始めたこのブログ。拍手もぶっちゃけ付けるつもりは無かったんですけど
ドコから消すのか分からないという、まぁなんともお粗末な理由で表示させていたんですが
今になってみれば、またそれも励みになっている次第でして…
わざわざ押していただけることでも有難い事で御座います。

ともあれ、急に何でそんな話なんだ?と…
今までも、んな事言わなかったじゃねーか??と、お思いの方もいるでしょう。
ま、まさか…っ!と、もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが…


そうです、ネタが無いんです。


いやいやいや、普段4拍手とかの人間が5倍の拍手貰ったらビビってしまうものですよ。
あれ??なんでこんなに多いんだろ?!まちがいじゃねぇ??みたいな。
だって、テストで赤点ギリギリの人間が、100点満点とか取るようなものですよ??
そらカンニングか何かじゃねーか?っておちょくられるのも分かるようなものです。

こんなにも拍手を頂いたのだから、お礼参りをせねば!という建前で
フレの皆様や訪問者の人のブログを回ってネタ探ししていたんですが、
みんな暑い!やら、もうスグ夏だ!と書いているのを見ていて
あぁそういえば、もう夏なんだな~っと。感じさせられました。

もう季節はゲシゲシ君(夏至)もとっくに過ぎ去り、節季も小暑。名実ともに夏!になりました。
わたしは今は大阪で住んでますが、元々実家も生まれ育った場所も京都で御座います。

京都の夏はそれはまた厳しいもので、暑い!というよりも、蒸し風呂です。
毎年天然サウナ状態で、ぼーっと突っ立っているだけで汗が噴出してきます。
大阪の夏なんて風が吹くだけまだマシじゃねぇ?と思えるほどです。

日本各地にその様な土地があるそうで、京都はまだマシな方みたいですね。
岐阜とか最悪らしいですよ?wフレが舐めんじゃねぇ!と申してましたw

ちなみに日本最高気温は40℃位らしく、世界の各地では50℃を越すらしいです。

50℃とか堪えらんないだろーなぁ、40℃でもきついのに…っとわけのわからない
理解を示してたんですが、その次の日の自分の身に起こる事件を暗示していることに
まだその時は気付いていないのでした…。


というのもですね、私、40℃の中で仕事をしてきました。

事件の原因は、会社で使っているPCが調子が悪くなったんです。
まぁ既に酷使されていたPCだったので、仕方が無いなぁ~とは思いつつも
PCが1台減ると、仕事の効率が悪くなるもの。
さすがに不味いと思ったのか、店長にお昼終わった後でいいから
会社の倉庫までちょっと取りに行ってくれないか??っと言われたんです。

わたしはまだ入社して2年で、倉庫が存在してたことに驚いた位なので
もちろん倉庫の場所なんて知りません。
場所わかんないです><と伝えると、心優しいお局様が地図を描くからって言ってくれ
そのありがたーーい地図を貰い、テクテクとお散歩だー!と活き込んでショップを出ました。

話の中では5分くらいの場所にあるらしく、出来るだけ影を探しながらテクテク。
スーツ姿のサラリーマンさんを見て、男の人はタイヘンだろーなぁとか考えつつ
地図を頼りに歩き続けていたんですが…

わ、わからない…(´・ω・`*) 

既に歩き始めて20分ほど。本来ならとっくに着いてる筈な時間。
どれだけ地図を見ても、ひっくり返したりしてみてもわからない。
何だこの道は?!この建物どれ??意味がわかんない><
てか疲れたよ><かえりたいよー(つω∩) ウエーンとか思ってたところに
お局様からお電話が…

お局様 『もしもし?!何してるのよ??いつまでかかってんの??』

サナ 『ここはドコ?わたしはだーれ??(*‘ω‘* )』

お局様 『ぶっw もうw あんたは何を言ってるのよw』

サナ (よし、掴みはおっけーだ。これで怒られはしないはずだ(*´∀`*))
    『だってお局様が書いた地図、わけワカメなんです><』

お局様 『ったく仕方ねーなぁ。ファミマに居てよ。迎えにいくから一緒に行こう』

サナ 『らじゃーです(>ω<ゝ)ビシッ』


まぁそんなこんなで、お局様に迎えに来てもらい、無事に倉庫に着いたんですが…

お局様 『ここだよ。ちゃんと覚えた??』

サナ 『…はぁ覚えたのは覚えたんですが… ほんとにココなんですか??』

というのも、倉庫といわれる場所は、立体駐車場の屋上部分にあって
何やら後から置きました的なプレハブ小屋だったんです。
こんなとこにあるならそりゃ見つかんないし、そもそもコレ倉庫なの??とか考えつつも
屋上ですので、もちろん影なんかありませんので、暑い。
こんなとこ5分も居たら、肌がまっかっかになっちゃいそーなので
さっさとPCを持って帰って、ショップで涼みながらカフェラテ飲もうと
いそいそと倉庫の扉を開けたとたん ムァアアアア~ っと嫌な熱気が…( ▽ |||||;)

こ、これは… 何だこのサウナのような熱気は…!!
よくよく考えてみれば、オフィス街のど真ん中で日差しをバンバンに受けている倉庫。
しかも周りのビルのガラスに日光が反射して、明らかな日光密集地状態。
あれですよあれ、虫眼鏡で紙を焼く要領ですよ。 まさに東京砂漠!大阪だけど。

さすがにそんな状態の倉庫にお局様が入るわけもなく、髪を弄りながらお局様は
さらっと、 『サナ、早く取ってきてよ。ここ暑いしさ~ニヤッ(´∀`人)』 とのお達し。
てめぇそんなキャラじゃねぇだろとは思いつつも、やはりココは年功序列といいますか
ココでなんでやねん!言って漫才してる間に、二人ともミイラになりかねないので
素直に倉庫改めサウナに突入。

息ができないほどの熱気に堪えながら、必死こいてPCを探すんですが
み、見つからない。というか、ダンボールだらけでわからない…
コレか!コレか!と当てモノするように、次々と箱を開けていくが一向に見つからないPC。
マジでPCはココにあるのかよ…><とは思いつつも、けんめいに探す探す。

あまりの暑さにふらふらクラクラし出した頃、横にPCと書かれたダンボールを発見!
…したものの、上には4つのダンボールが… 
わたしの身長じゃ一番上の箱はどう考えても届かない高さ。
お局様に手伝ってもらうしかないなぁ~と諦めて、恐る恐る外にいるお局様に声を掛けます。

サナ 『お局様ぁ~><』

お局様 『何よ?甘えた声出して。見つかったの??』

サナ 『あったんですけど…』

お局様 『あったけど?なんなのよ??w』

サナ 『あそこのダンボールに手が届かない( ´・ω・`)』

お局様 『ぶっw しゃーねーなぁチビッコはw』

なんだかんだ言いながら手伝ってくれる優しいお局様。
ふっふっふオマエも地獄を味わえばいいんだ^(*`∀´*)^ケケケケと黒いことを考えながら
二人で高く積まれているダンボールの除去作業に精と汗を出し
ようやくPCが入ってるダンボールに辿り着きました。

ココまできて中にPCが入って無いとか止めてくれよ…とドキドキしながら開けると
ちゃんとPCは中に入ってるんですが、何故か一緒に温度計が入ってまして、
その気温なんと45℃。あ、ありえへん… これはさすがに見たくなかった…

蒸し風呂の中で、透けるくらい汗をかき、メイクも総て落ち去り、頭もクラクラで
それでも容赦なく照りつける日差しの中で見た、45℃の温度計…

岐阜が暑いやら、京都が暑いとか、そんなことよりも、一番暑いのは
コンクリートに囲まれたビジネス街なんだと実感させられました…



その後…、 サナ 『汗でびしょびしょだから恥ずかしいですよ~』
とか言いながら、もうふらふらで帰ろうとした所、お局様がポツリと一言。

お局様 『そんなことはどーでもいい…』

     『それよりも…すっピンでショップには帰れねぇOTL』


45℃の中作業して、もう汗だくで歩くのもシンドイくらい疲れてるのに
わざわざ寄り道して、コンビニで化粧品を買ってトイレで化粧するお局様の背中に
女の何たるかを感じたしゃちっこでした。

                              ちゃんちゃん♪
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。