上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
2008.05.28  こてんっこ♪
最近、ポッドキャストの落語が面白い。


なんじゃそら?とお思いの方もいるやも知れませんが、なんとタダで落語が聴けるんですよ。
iTunesっていうIpodの曲や動画をPCで管理するソフトがあるんですが
その中のiTunesStoreでPodcastって中に古典落語って項目があるんです。


初めは、まぁ暇つぶしに…タダだしね~ って思って、気軽にダウンロードしたんですが
いやはや、コレがなかなかなもので。 1つ聴いたらまた聴きたくなっちゃったりして
これはおもしろそーだ、あっこれ知ってる!やら、そんな感じで次々に落としていって
今やわたしのPodcastの中には落語だけ。そんな風になっちゃいました。
これでもまだうら若き女の子なわけなんですが、その女の子のIpodの中身が落語だらけ。
通勤中、帰り道。休憩ちゅーやら、お買い物してる時。どこでもかしこでも落語。
そのうちお風呂でも聞き出しちゃいまして、防水のスピーカーに繋げてお風呂の中で
ちょっと温めのお湯にゆったり浸かりながら、好きな落語を聴いたりなんかして
もうたまらない瞬間ですよ。あぁ~今日も一日ご苦労さん見たいなね。
気が付いたら2時間も入ってるとかあったりね。
上がる頃にはもう茹蛸。ゆでだこさなちゃん(*´・ω・。)

まぁ、そんなことはどうでもいいんですが、ただね、本来お風呂って、体洗ったりするところであってね、何時間もお湯に浸かるなんて、逆に健康に悪いんじゃないかと。
それ以外にながーいことお風呂に入ってると、他にもイロイロ悪いことも出てくるんです。

わたしがお風呂に入る時間って、ゲームに左右されてる悪い子ちゃんで
17時とかに入ることもあれば、深夜2時に入ることもあるんです。
先日、ゲーム三昧の一日を送りまして、そろそろ寝ようかなぁーと、
あぁでもお風呂はいらなきゃ、ちょとめんどくさいなぁ~先に入っとけばよかったな…
とか考えつつも、そこはやっぱり乙女ですから、仕方無しにお風呂へ…
っーことで、深夜2時にいつも通りIpodをお風呂に持ち込みまして
ゆったりお風呂に浸かってたわけなんですが、落語がやっぱり面白いわけですよ。


『てーことは何かい、お前さん死体が踊りを踊るって言いやがるんだね??』
『へぇ!間違いありやせん!!そらもうヒラヒラと…』

あはは、バカ言っちゃいけねぇヾ(*´∀`*)

なーんて感じで今日も面白い落語にツッコミを入れるわたし。


『今日もお後が苦しいようで…』 テンテンテケテケテン
と落語も終わり、あぁー面白かったなぁーとお風呂を上がるともう時間は夜中の3時。
これは早く寝なきゃな~って、いそいそとパジャマに着替え部屋に戻ると、
なんと妹がわたしの部屋でシクシク泣いてるんですよ。

なな、なにごと??こんな夜中に?!
彼氏とケンカ??って、こんな時間にか?!
イロイロ考えが巡りましたが、妹はわたしの顔を見ても、まだ泣くわけで…

『トモ…どうしたの??何かあったの??』

それでもまだ泣き続ける妹。

妹は心臓に毛が生えてるとかじゃなく、心臓がアフロなくらい度胸があるアネゴなんです。
度胸があって、面倒見が良くて、たとえ刃物を向けられても泣かないような女の子。
ホントに双子か?と思えるほど、わたしとは心の強さが違うんです。
これは相当なことがあったに違いません。

サナ 『トモちゃん、ホントにどうしたの??サナが話を聴くよ><』

妹 『…グスン』

サナ 『誰に泣かされたの??サナが仕返ししてあげるっ!!』

…この時点でわたしが若干おかしいこと言ってますが、もう泣きたいのはわたしもです。
普段泣かない人が、深夜3時にわたしの部屋で泣いてて、しかも理由がわからないとか
またそれが双子の妹なわけですし、もう半泣きです。

サナ 『ホント教えて?何があったの??』

妹 『………クスン』

サナ 『誰のせいなのっ><』

妹 『……オマエが風呂でぎゃはぎゃは笑ってるからだろぉがぁあああああ!!!!』

サナ 『ふぇっ?!』

妹 『貴様が毎晩毎晩お風呂に長いこと入って、笑い声が聞こえてきたり
   誰かと話してる声が聞こえたり、奇声上げたりしてりゃ
   サナが頭おかしくなったんじゃねぇーかって心配して悩むに決まってんだろぉ!!』
   
サナ 『…えっ?もしかしてわたしのせい…??』

妹 『あったりまえだろこのバカ!!!風呂でなにしてんだよ!!』

サナ 『…いやその、落語聴いてる…』

妹 『はぁああ?! あんたホントバカなの?!夜中だよ??明日も仕事でしょ?!』

そら妹からしたら、まさかお風呂の中で落語聴いてるなんて思いもしませんから
きゃっきゃ笑うわたしの声が、毎晩毎晩お風呂から響き渡れば、
コイツ頭おかしくなったんじゃねぇ?と心配しても仕方がないことで。
まさかIpodで落語聴いてるなんて思わないでしょうから、まさに変人ですよ。

サナ 『…そうだけど、面白いんだもん><』

妹 『だからなんで夜中なのよバカ! ゲームしてないで聞けばいいじゃんかバカ!!』

サナ 『そんなにバカバカ言わなくてもいいじゃんかぁ…』

妹 『どれだけ心配したと思ってるのよバカ!バカが本当にバカになったらどうしようって
   本気で考え込んで、誰かに相談しようかって考えたんだからね!!』

サナ 『バカがバカになるって、そんなバカ言っちゃいけねぇ(*‘ω‘* )』

妹 『てんめぇえええ!!!!!このやろう!!!!!!!!』

サナ 『きゃーー><』


仲良し姉妹の夜は更けていきましたとさっ。チャンチャン♪
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。