FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
ウチには1匹のネコがいます。


出会ったのは去年の今頃で、名前は、うこっけい。

魚やネコ缶には目もくれず何よりも鶏肉を愛し、ちょっとでも悪いものを出せば、
見向きもしないという元野良猫のわりに、中々のグルメな舌を持つ雑種のネコです。

これでも出会った時は全然食べてたんですよ?
ファミチキやら、からあげ君が好物で、よく餌付けしたんですけどね
めちゃめちゃ食べたくって仕方ないくせに、初めは全然警戒して取りにも来ないし、
取りに来ても手から奪い去っていく感じで逃げて行き、ヒドイ時には持っているほうの袋に
襲い掛かって強奪していくというチビッコギャングぶりを発揮してくれたものです。

その時指が切れて痛がっているわたしを見て、さすがに悪いことをしたと思ったのか
次の日、どこから持ってきた食べかけのオニギリを咥えながらやってきて
わたしにそれを渡して、バツが悪そうにニャーンって鳴いて逃げて行って
あぁコレはお詫びの品なのねw と、無性に愛おしく感じたりもしました。

こうゆうのを怪我の功名とでも言うんでしょうか?
それからというもの、段々餌をあげる時の距離が近付いていき、直接手から餌も食べ
背中を撫でさせてくれるようになり、うこっけー!と呼べば、返事をして出て来るくらい
仲良しになって、うこっけいの巣に寄って帰らない日はない様になりました。

そのまま季節は流れ、冬になった頃には、もう愛着もわき懐いてくれる姿を見ると
外の寒さも手伝ってか、うこっけいを飼いたいなぁ~って考える様にまでになったんですが
如何せんウチはツインズとの二人暮らしで、妹はあんまりペットには興味が無い様子。

初めてうこっけいを見せに連れて行ったときも

サナ 『コレが話してたうこっけいだよ~(*‘ω‘* )』

妹 『え?コレが??何か汚くない??』

サナ 『ヒ、ヒドイ!汚くないもん><』

妹 『それになんか愛想ねぇなぁ、全然かわいくないじゃんw』

サナ 『そんなことないって>< ほら、お手てだけ白いんだよ~ヾ(*´∀`*)フリフリ』

妹 『へーちょっとわたしにも抱っこさせてよ』

うこっけい 『ファシャァアアッ!!』

妹 『うわっ?!アブねぇ!何だコイツ!!』

サナ 『だめだよ~ 爪見せちゃ怖がるじゃん><』

うこっけい 『…フーッ!』

妹 『やっぱ全然可愛くねぇ!!』

なーんてことがあり、とても家で飼うことにOKを出しそうにもない状況で
家で飼いたいとは言えずに、しばらく悩んでいたんですが、やっぱり毎日が寒い日が続き
雨の日には風邪引かないかな?><っと心配になるもんです。

どーにか寒さや雨だけでも凌げる様にしてあげたいなぁっと考えて考えて
ある日思いついたのが、マンションの屋内駐車場にあるわたしの車。

さすがに車の中に閉じ込めてしまうとかわいそうだし、おトイレの都合もあります。
次車載る時に臭いと戦わなければならないのは嫌なのでw
車にシートを掛けてトランクを開けっ放しにし、その中で飼えば自由だし
寒ければトランクの中に入ればまだ暖かいんじゃないか?と名案を生み出し
半分野良半分飼い猫生活を始めてみました。

うこっけい嫌がったらどうしよう…なんて心配を余所に、うこっけいは中々の快適さに
満喫してるように、遊びに行く時やおトイレ以外はいっつもトランクの中に居る様になって
これで一安心だぁ(*´∀`*)っと、いつでも会える喜びに浸って飼い続けてたんです。

蜜月のような幸せな日々は続き、年も暮れに近付いた頃、
妹と今年はいつから強制労働させられようか?行くの嫌だなぁっと
地獄の片道切符の日付を相談してる時に、妹が突然言い出したんです。

妹 『あ、そういえば、サナあの変ネコどうするのよ??』

サナ 『うこっけいだよ>< どうするもこうするも何が??』

妹 『いや、正月1週間くらい実家帰るんだよ?ほっとくの??』

サナ 『あっ…(´∀`;)』

妹 『この辺ビジネス街だから正月やってるお店ないし餌ないんじゃないの?
   それにわたし達車で行くんだから、お家もないよ??』

サナ 『あぅ…どうしよう…( ▽|||)サー』

妹 『何にも考えてなかったの?!』

サナ 『だって…(;ε;`)』 ← もう半泣き

妹 『あんた飼い主なんでしょ?!ちゃんと面倒見なさい!!』

サナ 『まだ半分野良だもん…(;_;)』

妹 『ったくw …ちゃんとトイレの世話するならもう家で飼いなよw
   正月は実家に連れて帰ってお母様に見つからないようにすればいけるでしょ』

サナ 『えっ!?飼っていいのっ?!(*゚∀゚人)』

妹 『ただし!わたしは面倒見ないからねっ?』

サナ 『全然おっけ~!いや、むしろ見るな!サナのうこっけいだっ(*´∀`*)』

妹 『てんめぇえええっ!!w』


まぁそんなこんなで無事妹からうこっけい飼育OKが出たので晴れて家族の一員となり
今年の初めから飼い続けているんですが、当のうこっけいはある意味恩人のはずの妹には
まったく懐かず、部屋に妹が来れば、わたしのスカートの中に隠れるといった始末。

片や妹は始めこそ気にしてませんでしたが、最近ではどうやったら猫に好かれるかを
ぐーぐるで調べたりして何気に可愛がろうとしてる様子で二人のせめぎ合いを見てると
あぁ飼ってよかったなぁ(*‘ω‘* )っと幸せを感じる毎日です。


やっぱりペットって言うのは、猫でないにしろ人に癒しを与えてくれるもので
一緒に暮らすだけで楽しかったり、イロイロな発見もあります。
もちろん世話はそこそこ大変な部分もあり、特にしつけは結構骨が折れたりして
うこっけいも今までLANケーブルをかじったり、妹のブーツに粗相をしたりっと
大暴れしてきましたが、その度霧吹きで顔に水を掛けて、ちゃんと叱って躾けると
やらないようになるもので、最近はずいぶん大人しくなったものです。

ネコって躾?ルール作り?が結構タイヘンとか聞いてたけど、余裕だなぁ~
うこっけいはいい子ちゃんだなぁ(*‘ω‘* )エライエライ
そう… 昨日まではわたしもそう思ってました。

と、言うのも昨日。
いつもの様に仕事から帰り、ルンルン気分で玄関の鍵を開け中に入ると、
突然うこっけいが駆け寄ってきて、スリスリ足に絡みついてきます。

ん?どうちたの??(*´∀`*)あまりの熱烈歓迎振りにビックリしながら
靴を脱ごうとしても、うこっけいはまだ離れず擦り寄ってきます。
いつもは2,3周したら終わるのに今日はどうしたんだろ??と思いつつ
絡まるうこっけいを抱きかかえて自分の部屋に戻ると

……。えっ?何コレ?PCの前がグチャグチャじゃねぇか…
っていうか、アレ?マウスが落ちてきたキーボードの下敷きで割れてねぇ?
どう見ても部品転がってねぇ?? あ、スペースキーが転がってる…
いったい何が起こったの??朝ちゃんと置いてあったのに…

あっ!お~ま~え~か~う~こっけ~い~!!っと思い胸の中のうこっけいを見ると
ぴょん!と逃げて、また足に絡みつきながら鳴き始めます。

はい。犯人はコイツです。めっちゃ分かりやすい。

何でそんなことしたの?!っと叱ると、潤んだ目で見上げながらまたスリスリ。
遊んで壊したのっ??><っと言うと、今度はニャーンとお返事。

あっ、そっか!マウスだけにネズミと間違えて遊んじゃったんだね~ヾ(*´∀`*)
っと納得したしゃちっこでした。  ちゃんちゃん♪








って駄洒落で終われるわけないだろーがぁ オリャ!! (ノ≧∇≦)ノ ミ ┸┸

マウスもキーボードも壊れてたらどーやってブログ書くんだよっ><
そもそもネットすら出来ないじゃないかよぉ(´ノωヽ)クスン
コレは久々にお仕置きだな…(`・ω・´)っと顔面霧吹きをする為に捕まえようと思うと
あれっ?いない… 今まで足元に擦り寄ってたのに…
あの野郎、逃げやがったなw 逃げたところで家の中からは逃げれまい…フッフッフ…

逃亡したイケナイ子なうこっけいの名前を呼びながら一つ一つ部屋を見ていくと
リビングのソファの横から申し訳なさそうにこっちを見るうこっけいを発見。

もーだめじゃないのっ!っと言いつつ近づいていくと、足元に飛びついてきて擦り寄り
何か口に銜えていた物を置き、まさに猫撫で声で鳴き始めるうこっけい。

そんなんじゃ許さないんだからねっ!と半分自分に言い聞かせながら
しゃがんでうこっけいが持ってきたものをよーく見てみると…

ぎゃぁああああっ!! セセセ、セミ!!!!><


とっさに蹴っ飛ばし遠くにやると、うこっけいは何でー?(・∀・ )って顔でセミの死体を銜え
またわたしの前に置いて、コレで許してー(・∀・*)っとまた猫撫で声で鳴きはじめ
可愛く鳴きながら足元に必死にセミを置き擦り寄るうこっけいを見て
あぁ、いつかのオニギリの変わりにセミなのね…( ´・ω・`)っとうこっけいの気持ちに気付き
なんか怒るに怒れなくなったしゃちっこなのでした。 
                           ちゃんちゃん♪
拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。